close
PRESS
「AI日常化のための「10大戦略データ」供給」… 2月末の課題確定
DATE 2024.02.16VIEW 89

技術情報通信部は、生成AI(人工知能)の展とAIの日常化を目指し、現場で必要とする良質のデタを適時に供給できるように、10略分野70種のデタ構築を推進すると16日明らかにした。


 


技術情報通信部はこの日午後、パク・ユンギュ二次官主宰でNIA(韓国知能情報社会振興院)ソウル事務所で開かれた「第2AIデータ融合ネットワーク」会議を開き、このような案を議論した。


 


昨年9月に発足したこのネットワークは、産業・学問・研究の専門家と共に各分野のAI活用案を模索し、データ供給課題を発掘することが目標だ。 昨年、デルファイ調査と第1次会議を通じて国民日常、産業現場、公共部門で活用できる10大戦略分野を導出した。


 


10大分野とは国民生活密接サービスである△法律△医療△行政△教育、そして産業革新分野の△メディア・コンテンツ△製造・ロボティクス△交通・物流、さらに公共サービス革新部門の△国防△災害・安全・環境△ 農林蓄水産などだ。 また以後、大国民需要調査と統括課題企画委員会分科会などを経て細部課題を企画した。


 


2次会議で、科技術情報通信部は今年の事業推進方向を明し、国内LLM(大型言語モデル)生態系発展のためのリーダーボード運営および国内外のデータ拡散のための「AIハブ」の高度化案を紹介した。 また、統括課題企画委員会委員長のチェ・ジェシクKAIST教授がこれまで企画した10大戦略分野データ構築の方向性と128の候補課題を発表し、ク・ヨンヒョン世宗大教授がLLMや大規模マルチモーダルモデル (LMM)など最新AI動向を説明した。


 


生成AIトレンドが言語中心からマルチモーダルに発展すると予想されるだけに、政府は今年のテキスト・音声・画像・映像など多様なタイプのデータが結合されたマルチモーダルデータを本格構築し、国内生成AIモデルおよびサービスの高度化 を支援することにした。 また、10大戦略分野候補課題を選定し、大国民意見収集と今月末統括企画委員会審議・議決を経て細部課題を最終確定し、事業公募を推進する計画だ。


 


朴次官は「生成AIは単純な技術的発展を超えて産業・公共・国民の日常あらゆる分野で具体的な変化と莫大な経済的価値を創出するだろう」とし「これを取り巻くグローバルビッグテクの競争はさらに激しくなるだろう」と観測 した。 続いて「良質なデータを構築し、活用度を高めていくことが韓国のAI産業競争力を強化し、AIの日常化を支えることになるだろう」と付け加えた。

이전 글이 없습니다.
다음 글이 없습니다.