close
PRESS
{その時投資}INEEJI、予測制御ソリューションで重化学工業のAI時代を切り拓く
DATE 2024.02.14VIEW 89

その時、投資(私はその時投資することにした)では、現行投資家がなぜこのスタートアップに投資したのかを共有します。


 


キャプスト-トナズが二度にわたって投資したINEEJI業力に優れた社だ。 INEEJIのチェジェシク代表理事はアジアDLP1位企業であり、個人情報保護ソリュション門企業である「ソマンサ」で究員としてキャリアを始めた。 在職時、ソウル大コンピュタ工業と並行しながら、彼の技術業の素質はこの時点から開されたようだ。


 


その後、イリノイ州立大学でコンピュータ工学博士を取得し、ローレンス・バークレー研究所で博士後研究員を経てUNISTの電気電子コンピュータ工学部助教授を経て研究活動を続けてきた。 彼の仕事を見つけだす性格は天性のもののようで現在まで200件を超える課題を遂行したという。 苦労の結晶を売る教授だった彼はポスコスマートゴーでプロジェクトを進行し、キャリアの変曲点を経験する。


 


◇ポスコスマート高炉の幸運、そして相次ぐ大型顧客会社からの受注


チェ・ジェシク代表はUNIST在職時、リアルタイムデータベースのディープラーニングアルゴリズムを活用して高炉操業を予測するモデルを開発した。 以後、高炉運営に人工知能技術(AI)を導入する「スマート高炉」プロジェクトに参加した。 私たちがよく知っている溶鉱炉すなわち高炉の製銑工程をごく単純化して説明すれば、鉄鉱石とコークスを交互に巨大な樽につけて積み重ね、摂氏1,200度の非常に熱い酸素を吹き込む酸化、還元過程を経て鉄鉱石は純粋な溶解鉄に変換する。 この時、高炉内部の温度を摂氏1,500度に維持することが最も重要である。 これまでは、熟練した作業員が熱風と微粉炭投入を直接強弱調節して大韓民国産業の米に値する鉄の品質を守ってきた。


 


ポスコプロジェクトの経験をきっかけに、チェ・ジェシク代表は、製造産業の標準化が難しい様々な問題をAI技術で解決できる可能性を確認し、一般的なAI企業が容易にアクセスしにくい製造産業の工程最適化AI技術に焦点を当て始めた。


 


現在は国内鉄鋼社の電気炉、溶解炉、セメント焼成炉など工程の変数が複雑かつ多様で、予測・制御が難しいプロジェクトを遂行している。 容易ではない道だったが、熱心に課題に取り組むうち、いつのまにか顧客企業に製造工程最適化分野AIの代表的な企業としての認知されていった。 国内AI研究チームの中には、まれに大型の重化学工程にAIソリューションを導入するという幸運な経験もしたが、AIソリューションを保守的で、IT技術の導入に慣れていない化学/重工業企業に導入する過程が容易ではなかったという。


 


INEEJIAI工程最適化ソリューション、「INFINITE OPTIMAL SERIES™(インフィニット・オプティマルシリーズ)」を高温反応工程、低温・常温反応工程、故障診断(予知保全)ソリューションに分類し、当該分野の産業を対象とした営業に集中 した。 ソリューション導入により、工程で品質向上と一貫性確保、生産性向上、エネルギーコスト削減の実効性などを立証すると、ソフトウェア導入に保守的な工場も次々とPoC要請を送り始めた。


 


INEEJIチームは、1,000度以上の高温反応工程とそれ以下の低温・常温反応工程における各分野の代表企業とプロジェクトを通じてノウハウを蓄積した。 特に高温反応工程制御の場合、鉄鋼社の電気炉工程、連続溶融亜鉛めっき工程内加熱炉工程、ガラス製造工程内溶解炉などに導入され、低温制御工程ではPO生産工程等に導入され、その実効性を立証した。


 


INEEJIは国内大企業の重化学工業で蓄積したAI予測・制御ノウハウを土台にグローバル市場に目を向け、202210月に日本のAI EXPOで日本初上陸後、2023年に日本支社を設立し本格的な日本国内の営業に邁進している。日本国内営業のためにGS系総合商社であるGS Global JapanMOUを締結後、日本の鉄鋼会社と実証推進契約とともに、鉄鋼、セメント、精油、化学、半導体分野のプロジェクト受注のため熱心に営業活動している。


 


INEEJIKTインベストメント、KDB産業銀行、ウリ銀行、キャプストーンパートナーズから最近81億ウォン規模のSeries A投資を誘致し、上場のための国内主要上場主幹事証券会社RFPを準備している。


 


INEEJIを通じて知ったAIスタートアップ投資、技術力、顧客 こだわりと根気


私たちはAI産業革命の時代を生きています。 AlphaGoと李セドルによる囲碁の対局に起因した1AIショックに続き、OpenAIChatGPT2AIショックを経験している。 2016AlphaGoショックに続いて、技術的潜在力を持つディープラーニングAIスタートアップが多くの投資を誘致した、2023年のChatGPTショックに続いて、生成AIスタートアップに投資金が集まるのを見て改めてデジャヴを感じた。


 


INEEJIに最初に投資したのは20223月だった。 ChatGPTベータの提供開始が202211月だったので、AIが近年で最も少ない関心を受けたときに最初の投資をしたのだ。 時が過ぎて2次投資時期である202312月、生成AIスタートアップの人気は頂点を取ったが、INEEJICNNベースの時系列予測アルゴリズム技術はトレンドが過ぎた技術扱いを受けた。 技術は変わったが、事業は変わらなかったかもしれない。 初の顧客企業の導入に成功すれば他の企業にも売れるソリューションを作ることができ、365/24時間現場で運営中のソリューションでるならば生成AIモデルを学習させることができるデータパイプラインも確保できる。


 


INEEJIチームは、顧客が共通して原材料の仕入れ価格と為替レート、完成品需要予測ソリューションを望むことを把握し、今後の価格に影響を与える可能性がある要因把握および価格変動に備えた戦略を樹立できるサービスを含むクラウドソリューションを 開発しており、年内公開を控えている。 AIのように難易度が高い技術ほど、技術浸透率が低い産業ほど、ソリューション導入は難しくなる。 技術と産業の間隙を素早く埋めていくチェ・ジェシク代表とINEEJIチームの走り続ける顧客獲得のための努力と粘りを見て投資を決定した。

이전 글이 없습니다.
다음 글이 없습니다.