close
PRESS
AI規制シンポジウム 26日 開幕, 生成AIからゲームまで豊富な講演
DATE 2024.02.10VIEW 750

人工知能(AI)を活用した療製品開動向と規制方向を議論する「AI療製品規制シンポジウム」(AIRIS)が食品医薬品安全と米食品医薬(FDA)共同主催としてソウルで開催される 。

 

12日食薬処によると、来る26日から4日間ソウル新羅ホテルで開かれる今回のイベントには、米国ゲーム会社「レベルEx」最高経営者(CEO)サム・グラッセンバーグ氏とファン・インチョル サムスン電子DX部門MX事業部AI開発グループ長などが発表 に出て主要国家規制機関、国内外の業界・学界関係者約300人が参加する予定だ。

 

サム・グラッセンバーグ氏は、神経科学ベースのゲームを開発した経験をもとに、生命科学分野での生成AI活用方案を発表する。

 

食薬処は彼がレベルEx設立前、ルーカスアート(Lucas Arts)やマイクロソフトなどで勤務し、プレイステーションとXbox用の「スターウォーズ」ゲームを開発し、「ハンガーゲーム」、「ミッションインポッシブル」などハリウッド映画原作ゲーム を発売した専門家だと紹介した。

 

チェ・ジェシクKAIST教授とキム・ジェチョルAI大学院副教授は説明可能人工知能(XAI)について発表する。 XAIは、AIが下した結果の判断根拠を探し、意思決定過程とその結果をユーザーの観点から説明する技術をいう。

 

AI医療製品展示会も同時に開かれる。 28日までAIを活用したサムスン・メドトロニック・Lunit・ロシュの医療製品紹介・デモイベントが会場で行われる。

이전 글이 없습니다.
다음 글이 없습니다.