close
PRESS
銑鉄(せんてつ)温度を維持し、故障した箇所を探し…
DATE 2024.01.24VIEW 441

スマト工場 ソリューション企業 「視線が集まる」

海外ではユニコンまで登場

 

人工知能(AI)が組みまれたスマト製造への心が高まり、スマト工場連ソリュションを提供するスタトアップも一に注目を浴びている。 世界的な市場成長とともに、外ではユニコン(企業値10億ドル以上の非上場企業)に成長したスタトアップまで登場した

24日、中小企業技術情報振興院が集計した資料によると、スマート工場ソリューションを供給する企業は、2021年末に1591社から2022年末に1948社に続き、昨年末基準で2167社に2年で36%も増えた。

特にスマート製造技術に特化した代表的なスタートアップ企業は、引き続き外部投資を誘致しながら、勢いを上げている。 AIベースのスマート製造ソリューション開発会社アンバーロードは先月、SparkLabsDG Tech Holdingsd campY&ARCHERをはじめとする投資家からシード投資を誘致した。

産業用AIソリューションのスタートアップINEEJIは今月初め、81億ウォン規模の投資を誘致した。 INEEJIは特に鉄鋼・化学・セメントのような重工業工場にオーダーメイドのソリューションを提供する。 例えば、過去には炉内の銑鉄温度を従業員が直接チェックしなければならなかったが、INEEJIソリューションを用いればAIが測定はもちろんその後の温度まで予測する。

ベンチャーキャピタル業界関係者は「AIの急激な発展でスマート製造技術に再び関心が集まっている」とし「このような技術を活用して生産効率を向上させようとするメーカーの需要が増えると見て、スマート製造技術スタートアップ投資を計画中 」と述べた。

 

이전 글이 없습니다.
다음 글이 없습니다.