close
PRESS
生産プロセス最適化AIソリューション企業のイニージ、81億ウォン投資誘致成功
DATE 2024.01.09VIEW 349

明可能人工知能(XAI)ベスの製造業向けAI予測ソリュションを提供する企業であるイニージが、81億ウォン規模のシリA投資誘致を成功裏に完了したと8日明らかにした。


 今回の投資にはKTインベストメント、KDB産業銀行、キャップストンパトナズ、ウリ銀行が加した。今回の投資誘致で、イニージの累積投資誘致額は合計136億ウォンを達成した。


 投資をリドしたKTインベストメントのキムジンス本部長は、「イニージは、製造産業界が直面している労働力減少などの問題とデジタルトランスフォション(DX)ズを解決できる最高レベルのAIソリュション技術を保有している。最高レベルのAI技術を基にグロバル製造バティカルAI企業として成長する可能性が高いと判して投資した」と明した。


 イニージは、明可能AIエンジンを基盤に製造産業(鋼、セメント、ガラス、化電など)の工程最適化を現する 製造業向けAI予測ソリュション企業である。熟練した現場オペレのガイダンスを提供し、国内鉄社、セメントメ、ガラスメ、化石油メーカーの品質向上及び一貫性確保、生産性向上、エネルギコスト削減などを推進する。


 イニージは誘致した投資金をAI技術の高度化、市場大及び事業開発強化、優秀人材の採用に使用する計だ。係者は「イニージが保有している 生産プロセス工程最適化AI技術力と事業化能力、事業大の可能性などを認められた結果」とし「世界工程最適化AIソリュション部門のリディング企業に成長するために努力する」と述べた。

이전 글이 없습니다.
다음 글이 없습니다.